発泡ウレタンスプレーの実験で新しい技術と自分流ノウハウで新しいことを提案。

発泡ウレタンスプレー缶を使った実験では秘密の研究課題の為に小麦粉を使う。

発泡ウレタン「エアータイトフォーム」が固まる前に小麦粉を表面に振りかけることどうなるのか。

吐出直後から様子や硬化具合を観察すると想像以上に粉がつき、吐出してすぐにもかかわらず、触っても表面はまるで固まっているような感じ。

そう、あの雪見だいふく風です。新感覚。 実はこれの応用がヒントとなる用途があるので、引き続き、この実験はいかすことに。何事も自分自身で経験値を高めましょう。