発泡ウレタンは嫌い、発泡ウレタン汚れなどのデメリットを教えてくれない現実。

発泡ウレタンのことをネット検索していると、DIYでルアーや、キーホルダー、エアロパーツなど様々な物を作りだしている方々がたくさんいますねぇ。ほんと、器用で完成度も高く、感心しています。

発泡ウレタンでルアーなんかは私もオリジナルで作ってみたいものです。発泡ウレタンでの出来事など、他では教えてくれないことを紹介します。大事といえば大事ですが、くだらないと言われちゃぁそれまでですね。

先日、お客様からのご依頼で、発泡ウレタン吐出ガンの分解修理をしていたのですが、指に付着したウレタンを放置してたら、こうなりました。

私は汚れに慣れているのですが、硬化する前の発泡ウレタンを触ったら大体こんな感じになりますよねぇ、よくあるんですよ。ほんと、固まったらなっかなか落ちないですよ。

発泡ウレタンの専門なので、私はあまり人前に手をさらすことが少ないのでそんなに気になりませんが、このままでは、まぁ女性には「汚い~」とか言われてしまいます。

発泡ウレタンの汚れを落とさないと、コンビニとかのレジでお金を渡すときに現場系の人って一発でばれます。そもそも、手を汚したくない方は手袋をするのが一番。

発泡ウレタンで汚れた後のことを考えるのではなく、服とかにウレタンが付着して、知らぬ間に焦って擦ったら、のびて大変なことになったこともあったなぁ。作業着が一番。