発泡ウレタンを活用する、基礎を学べる発泡工作をしよう、其の弐。

発泡ウレタンの長期制作の続編2。胴体は大体できたので表面をカットしたり補修をしていきます。

表面をカットすると少し穴があいていたりします。そこには、フォームで重ね塗りで埋めるよう、ちょっとだけ吐出していきます。地道に・・・地道に。穴埋めしたらまたカット。車のボデーパテと一緒っす。表面をなるべくツルツルに。次は足を作りまーす。

割り箸を適当な大きさにカットして胴体に指す。骨です。次に、割り箸を埋めるよう寧にフォームを吐出していきます。このとき、出す勢い強いとくっつきにくいので慎重に。 細かい吐出とかは発泡ウレタンガンがあると効率アップ。ちょっと高いけど。

吐出の調節さえできればなんでもできそう。さて、とりあえず足首まで、できたので休憩。続きはまた今度。