発泡ウレタンでアートする、日本大学とエアータイト。

以前、発泡ウレタン造形で、東京デザイナーズウィーク2014に参加された日本大学生産工学部創生デザイン学科の方たちによる【誕生のカタチ】の制作様子をご紹介致します。

こうみると、発泡造形で、上の部分なんか高い位置を作業するのは特に大変だった思います。カッパ、サングラス、ゴム手袋、マスクの完全防備で作業していました。

やっぱり、発泡ウレタンの作業ってどんなに気をつけていても、知らぬ間に服にウレタンがついてる、なぁんてよくありますからね。本当、大変だったでしょうけど、楽しそうです。